〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和2-3-8 ノースピアR105
(北浦和駅東口から徒歩10分)

初回無料相談受付中

営業時間
9:00~19:30
(20:00まで電話対応可能)
定休日
土曜・日曜・祝日
(定休日でも電話対応可能)

お問合せ・ご相談はお気軽に

048-637-5178

⑦なぜ良い人材が採用できないのか

よく企業の社長様から、「良い人材がなかなか採用できない。」、「雇ってみたら全然期待通りの仕事ができなかった。辞めさせたい。」反対に「新入社員がすぐに辞めてしまう。」といった相談を受けます。まさに会社と新入社員との間にミスマッチが生じている訳ですが、しかし、そう言いながら同じことを繰り返しています。一体なぜでしょうか。

そもそもこのご時世、採用自体が難しい

人手不足のこのご時世、中小企業には採用自体の難しさがあることは、重々承知していますし、せっかく来た応募者を逃したくない気持ちも分かります。

しかし、せっかく採用した人が、いくら指導してもミスばかりで一向に直らない、注意をすると反抗的な態度ばかりとる、「この仕事に向いていないんじゃない?」と話したら、不当解雇だと騒がれて何か月分もの賃金を支払わされた、などということになれば反って高くついてしまいます。新入社員の採用や指導には、手間もお金もかかります。戦力になってくれるまで仕事を教える現場の労力もバカになりません。

もちろん、なにをもって良い人材とするかにも因りますが、数撃ちゃ当たる方式で「何か月も我慢して指導したのにやっぱり駄目だった。」「こんなことなら雇わなければ良かった。」を繰り返すよりも、一発必中で本当に会社が必要とする人材を募集・採用選考の段階できちんと選定した方が、結局は効率的で費用も安く済むはずです。

採用面接で何を訊き、何を伝えるのか

人事採用には、ある程度マニュアルがあります。『人材採用支援、求人票作成のご案内』の項で少しご紹介していますので、よろしければご参照ください。しかし、今回は採用についてのテクニカルな細かい話ではありません。

会社、新入社員双方のミスマッチ、つまり思っていたこととのギャップの原因は、細かく分析すればいくつもありますが、お話を聴くと、そもそも採用面接で『伝えるべきことを伝えていない』、『訊くべきことを訊いていない』というケースが非常に多いと感じます。つまり、仕事をして欲しくて人を雇うのに、どんな仕事をしてもらうのかを伝えていないのです。会社も新入社員もお互いに、勝手な思い込み(希望的観測)とイメージだけで入社まで至っているという訳です。

 

採用はよくお見合いに喩えられます

採用面接は、よくお見合いに喩えられます。プロフィールと見た目の雰囲気、趣味の話だけで、良く知らない相手と結婚するでしょうか。

社長様には働き方の理念がおありと思います。社員にこうあって欲しいという理想があるはずです。社員にこういう考え方、こういうスタンスで働いて欲しい(あなたはこの方針に従えますか)という、社長様のその経営方針をきちんと面接の段階で伝えていますでしょうか。特に中小企業の場合、中途採用が多いと思いますが、それは業務量が増えたための増員ですか、それとも欠員が出た代わりの補充ですか。それならば、差し当たってやってもらいたい仕事が何なのかは、明確なはずです。それをきちんと応募者に伝えていますでしょうか。

中途採用なら尚更です

中小企業の採用は、中途採用であることが多いですが、中途で採用するということは、会社に採用の目的(やってもらいたい仕事)があるはずです。

例えばAさんが辞めたので代わりにBさんを採用しようとするならば、Aさんはこのような業務をしていた、あなたにそれをやってもらいたい、そのためには初めどのような業務に就き、どのようなことを覚えてもらい、何か月後にはここまで出来るようになって欲しい、といった業務計画をきちんと面接で伝えるのです。そうすればBさんは仕事の内容が具体的にイメージ出来ます。その上で、働きたい、できると思えば入社を希望するでしょうし、嫌だ、無理だと思えば辞退するでしょう。

辞退されては困ると思うかも知れませんが、雇ってから結局は合わずに退職されるよりもずっとマシです。

採用面接はとても大事な機会です

面接はとても大事な機会であり貴重な時間です。今まで何をやってきたのかの実績はもちろん、会社は何をやってもらいたいのか、応募者は何かできるのかなど、確認すべき項目は盛りだくさんです。仕事のスタンスも訊いて、会社の理念と合うかどうかも確認する必要があります。1回で終わらなければ複数回行ってもいいくらいです。実際に大企業での採用面接は、ほぼ間違いなく複数回行われています。

休みの日に何をしているかだとか、誰を尊敬しているだとか、どんなスポーツをやっているかだとか、無意味な質問をして時間を浪費している場合ではありません。結局のところミスマッチの要因は、会社側からすれば、履歴書だけ見て勝手にできると思い込んで、「できると思って雇ったのに全然できないじゃないか」であり、社員の側からすれば、「思っていた仕事と全然違う」、「こんなことやらされるなんて聞いていない」なのです。

良い人材を、初めから能力が高く、仕事覚えも早く、あまりこちらから教えなくでも周りの仕事をみて自分で覚えててくれる人材、指示がなくても自ら率先して仕事を探して行動してくれる人材とするならば、それは給与を大企業にも負けない金額に設定するしかありません。しかし、少なくとも会社がやって欲しい仕事をきちんとこなしてくれる人、そして長く定着してくれる人を良い人材とするならば、面接を上手く使って、初めから行う(行わせる)業務の具体的イメージを共有することができれば、採用のミスマッチは大幅に減らせるのではないでしょうか。

  人事採用の基本マニュアル  できました

ご要望の多かった『人事採用の基本マニュアル』できました。採用が難しい今だからこそ、改めて確認しておきたい人材採用のポイントについてまとめました。

ご希望の方には無料で配布させて頂きますので、お問合せフォームよりご依頼ください。PDFにてご返信いたします。

 

いかがでしょうか。
まずは、お問い合わせください。

お電話でのお問合せはこちら

048-637-5178
営業時間
9:00~19:30(21:00まで電話対応可能)
定休日
土曜・日曜・祝日
(定休日でも電話対応可能)